失敗しない?バイト面接のテクニック

アルバイト初体験で初めて面接に挑む時は落ち着くことが大事

アルバイト未経験で初めて面接に挑む人がすべきことは、気持ちを落ち着かせることです。手の平に人という字を書いて口に飲み込む仕草をすると、少しは気持ちが落ち着いてきます。また、落ちても構わないという心構えで挑むのも悪くない手法です。面接の時は、目を見ながら話すのが礼儀ではありますがあまり見つめすぎるのもよくないので、できる限り自然体で面接に挑みましょう。あと、面接官は温和な人が担当する場合が多いのが特徴です。
ただ、アルバイトを申し込んだ場所が人手が足りない場所の時は、未経験の人でも採用する可能性が高いです。経験がなくても身体つきが大きかったり、学歴などにも問題がなければ普通に雇ってもらえるので、あまり気にしなくていいです。

アルバイトの面接の時に質問される内容について

面接官はなぜ当社で働きたいと思ったのか、またはどのように働きたいかなどを聞いてきます。時給と働く内容に惹かれて応募という希望が本音の場合がほとんどですが、包み隠さずに伝えると悪印象を与えてしまいます。そのため、常日頃から会社の仕事に興味を抱き、アルバイトの募集を見てこれだと感じましたと褒めると好印象を与えます。また、特技や資格を持っている時はアピールをして、自身の魅力を伝えるといいです。特に会社の仕事に使えそうな資格があれば、採用してもらえる確率が一気に上がります。
資格としては最低でも普通自動車免許は取っておく必要があります。工場勤務の際はあまり必要はないですが、いくつかの仕事の中には車の運転免許が必須となる場合があります。